Home > Archives > 2009年7月 Archive

2009年7月 Archive

第3回学年幹事会

2009年7月30日(木)に江原会館にて2009年度第3回学年幹事会が行われました。

出席者(22名)

S62 多久, 岩崎、S63 隈、H元 片岡, 真壁、H2 南, 山本、

H3 下田, 吉本, 石黒、H4 緒方、H5 平野, 山下、H8 高野, 古荘、

H9 松本、H12 寺本、H14 井関、H17 本田、H18 松崎, 内添、H20 大津


090730kanjikai_resize1.jpg


議事内容は、議事録をご参照下さい。


今回の異業種交流イベント「職業紹介」はH14卒 井関さんでした。


090730iseki_resize1.jpg


H14年卒 井関 麻子 (R-CONNECT アルコネ)

業務内容

1) 企業の採用活動のサポート

2) 学生への模擬面接、履歴書添削、企業研究など、学生への就職支援をボランティアで行っている。学生江原会でお茶飲みに来て下さい。 

3) Webを使ったマーケティング

就活の相談などいつでもどうぞ

(株)R-CONNECT 熊本市帯山8-6-6 ウイング帯山103号室 TEL 096-201-6140

 熊本の就職・アルバイト探しに役立つサイト http://www.r-connect.jp/

サマーパーティー '09 大盛況!

2009年7月11日に「ビアレストラン オーデン」(S30年卒 村山先輩のお店)にて青年江原会サマーパーティーが開催されました。
今回、学年幹事の積極的よびかけによりサマーパーティーとしては、過去最高人数の士君子が会場に集結しました。 
参加人数 138名(青年江原会 107名 うち学生46名 青年江原会OB 31名)、驚くべき人数です。

P1050204_resize1.jpg

P1050206_resize1.jpg

予想を超えた人数だったので、立食形式に急遽変更したり、熱気むんむんだったりで、参加者のみなさまにご迷惑をおかけした面もありましたが、立食であったからこそあちこちで交流が行われ、楽しい一時がすごせたのではないかと思います。

今回、バンド演奏あり、応援団エールありで、企画が目白押しでした。

パーティーの様子(ビデオ)

パーティーの様子(写真 63枚)

P1050244_resize1.jpg

さて、これから夏の季節は青年江原会は祭色に染まっていきます。
サマーパーティーでアピールを行った、平弐會を中心として、藤崎宮秋季例大祭の準備が既に始まっております。
お祭りは、出なきゃ本当の楽しさはわかりません。
サマーパーティー以上の興奮を味わいたいみなさん、今年の秋季例大祭に一緒に参加して、盛り上がりましょう。
お祭りへの参加表明は、こちらからどうぞ。
各隊(楽団、馬隊、踊り隊、まとい隊)への入隊も受付中です。
ちょっと覗いてみたいという方は、8月〜9月の毎週月水金19:00〜21:00に熊本高校体育館で前夜祭本祭練習を行っておりますので、遊びに来て下さい。

会長通信第2号~東京江原会へ行ってきました。~

  • Posted by: Taku
  • 2009年7月 6日 22:13

こんにちは、青年江原会長の多久です。

  7月4日(土)、東京江原会総会へ行ってきました。東京では、毎年この季節に総会が行われており、毎年500人前後(100周年のときは1000人)の卒業生が集います。これは、誰に聞いても、「地方の高校でそんな高校はない、東京の高校でもそんなには集まらない」といわれているほど珍しく、そしてとてもすばらしいことです。

  そして、この東京の総会の幹事が、熊本の藤崎八旛宮秋季例大祭の幹事と同じ学年で、毎年順送りとなっています。私は最近では5年連続で出席しているのですが、毎年毎年幹事学年が趣向を凝らしてパーティーを運営している姿を見るのがとても楽しく、そして誇らしく感じています。今年の幹事、平成2年卒(高42回)のみなさん、本当にお疲れ様でした。そしてすばらしいひとときをありがとう。

  私の62会(高39回)が幹事をやった3年前、パーティーが終わってみなさんを送り出した瞬間、同級生みんな笑顔で抱き合って、みんながみんなを誉めあい讃えあい、成し遂げた喜びに浸っていたのを思い出します。大人になってもそういう瞬間があるということを教えてもらいました。

  さて、今週末はいよいよサマーパーティーです。東京に負けないくらい(これはもともと勝ち負けではありませんが...)盛り上がって行きましょう!!

Index of all entries

Home > Archives > 2009年7月 Archive

Search
Feeds
Counter

Return to page top