本文へジャンプ 管理者 青年江原会事務局
             

 

イートン校訪日記 イートン校ボート部が来熊した際の記録

 解説
 イートンカレッジのボート部が1998年に来日した際の訪日記で、 学生のチャーリーが書いたものです。
 訪日自体は、日英両大使館が企画、実行されたものでかなりオフィシャルな行事でした。もともとは、慶応大学(高校)、学習館大学の両校への訪問が主たる内容だったのですが、熊本高校へも来ていただくことになりました。(すごい栄誉です!)本文には、熊本や東京で歓迎された驚きや喜びが書かれています。また、1998年10月23日に行われた、江津湖でのボート対決の模様も書かれていますので、見れなかった人は必見です。

 イートン校訪日概要
 これまでイートンカレッジとは、・熊高生のイートン校へのサマースクール、イートン校事務総長の来熊 、熊高校長のイートン校訪問などで交流を重ねてきました。
 下記の日程は、1998年10月に正式にイートンボート部をご招待したときの行事日程表です。青年江原会としても歓迎レセプションの主催や阿蘇観光など、積極的に歓迎行事をお手伝いしました。


  ○来熊された方々
    ワトソン事務総長夫妻、ハイ(サマースクール担当事務官)夫妻
    英国駐日大阪総領事
    ボート部部長、ボート部コーチ、ボート部(生徒14人)


21日(水) 成田着後、熊本へ 
学校主催夕食会
22日(木) 阿蘇観光 
歓迎会(ティーパーティ) 

青年江原会主催 歓迎会
19:00からティアにて 
(ティア:本山町イエローハットの1階)
23日(金) 親善レース(14:00から江津湖にて) 
男子フォア 
女子フォア 
男子エイト 
(参加団体:熊高、熊大、学園大他) 

江原会主催公式レセプション
18:00からホテルキャッスルにて
24日(土) 東京へ

 イートン校訪日記
 英国の雑誌に掲載された原文です。
イートン校訪日記(英文)
 52会・清村元青年江原会副会長による訳文です。 イートン校訪日記(訳文)

PDFファイルの閲覧にはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、下記のAdobe社のページからダウンロードして下さい。






ホーム 次へ
本ページ掲載著作物の、著作権、肖像権は全て青年江原会、及び会員個人に帰属します。
これらの無断での転載、転用を禁止します。なお、トップページのみリンクフリーです。

青年江原会
Copyright (C) SeinenKogenkai 2003. All rights reserved