2013年3月13日

会長就任にあたって

mizuhasi.jpgのサムネール画像

 実行学年からはや二年半、今年度から青年江原会長を仰せつかることとなりました。
 さて、青年江原会を今後どのように運営していくのか、ということについて、私なりの考えをまとめますと、いかに参加する意味がある会にしていくか、ということに尽きると思います。今までの先輩方が築いてこられた青年江原会の仕組みというのは実にすばらしく、その仕組みを使うと横糸である同級生、縦糸である先輩・後輩を、一本の糸から同窓会という生地へ、さらには立体にまで織り上げることができます。
 ですが、そのためにはたくさんの糸が必要です。いろんな世代の、いろんな人たちに集まってもらうことが、より強く美しい生地になると思います。そうすれば参加した皆さんにとって、きっと意味のある会になっていくはずです。
 「集まることに意義がある」という青年江原会の理念にそって、今まで以上に集まりやすく、「参加して良かった、楽しかった」と思える会にしていきたいと思います。
 また、具体的な目標の一つに、現状参加の少ない平成10年代の人たちにどうやって参加してもらうか、ということも考えていきたいと思います。20代中盤から30代前半までの、仕事もプライベートも一番忙しいこの世代に、いかに参加してもらい次に繋げていくかというのは、ここ数年の大きな課題となっています。参加する意味が明確で、かつ自分のためになると思えれば必ず参加してくれるはず。それが出来ていないということは、仕組みや内容にまだまだ改善の余地があるのだと思います。
 お祭りが中心にはなりますが、それ以外に過去好評だったレクレーションや講演会などのイベントを参考に、たくさんの人たちの役に立つ、また楽しんでもらえるような内容を充実させていきたいと考えています。
 来年は青年江原会として藤崎八旛宮秋季例大祭に参加を始めて40周年になります。その40年の重みをしっかりと受け止めつつ、更なる50周年、60周年に繋いでいけるように頑張っていきたいと思います。
 これから一年間、よろしくお願い致します。

2013年度青年江原会
会長 水橋 一太(平3会)

一年を経て

tanoue2.jpg

 青年江原会の執行部として三年を経て、まず初めに、色々な面でご協力くださった方にお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。このようにして無事青年江原会を卒業できるのも皆様からのお力添えがあったからこそだと思います。

  私にとって特にこの一年間、実にすばらしい経験をさせて頂きました。青年江原会の活動を通じていろんな人と巡り合え、また、いろんな人といろんな話をしてきました。なかなか普通に生活している中では経験できないことだと感じています。何といっても「まつり」抜きには青年江原会は語れません。去年は平五会が実行学年。徐々に学年の中でつながりを持ち、大きなことをみんなの力とまた、先輩や後輩達からの協力を得て成し遂げました。その姿を見て、今年、次の学年である平六会がそれを引き継ぎ、また自分たち学年の中に徐々につなげています。上下のつながり、横のつながりを感じる事が出来ました。このようにしてどんどんともっともっといろんな先輩後輩、同級生とつながっていってほしいと思います。

  今後、青年江原会を背負って行く後輩達に伝えたい。大変なことも多々あると思います。だからこそ面白味があるし、みんなが一緒になり協力し合って取り組んでいけるのです。そこに仲間の絆が生まれそこに価値があると私は思います。今からも人と人との素晴らしいつながりを持って、青年江原会を発展させていってほしいと願います。この会報を見られている方でまだ青年江原会のイベントに参加されたことのない方は是非参加して見てください。絶対、楽しいと思います。何せみんな同窓生ですから。


平成24年度青年江原会会長 田上 智道(平2会、高42回)