2011年3月 5日

「1」の年に

kataoka.jpg

 第31代青年江原会会長に就任することになった片岡恵一郎です。

 2011年度、母校の111周年の年に、平成1年(元年)卒の私が青年江原会の長を任される事になりました。奇しくも私の名前にも「一」の文字が入っており、運命めいたものを感じたり、感じなかったりです。

 本年度の青年江原会員は平元卒以下の熊本高校OB有志ということになっていますが、年齢も職業も思想も人それぞれ。それも熊高卒なので、自分を含め一筋縄には行かない人だらけ、という世間の噂は将に真です。

 この2年間、執行部として青年江原会を中から見てきました。そのなかで、「青年江原会」とは何なのか?「同窓会」とは何なのか?と、自問、他聞を繰り返して参りました。この根本的な問に対する明確な答えを用意しないのが、青年江原会のいやらしくもよいところ。「集まることに意義がある」というスローガン、素敵だと思います。しかし、だからこそ、人を集めるのは大変です。集まる理由が明確に提示されていないんですから。集まるだけっていうは熊高生は不得手です。「なんさん、来てよ」、「なんでや」の繰り返しです。しかしホントはそれには意味がある。その意味を見いだした人は留まり、見いだせなかった人は去っていく。その繰り返しの中で、不思議な事にこの活動は延々と40年近くも続いているのです。ここにいろんな問に対する答えが集約される。

 さぁ、2011年度の活動を始めましょう。普遍的なキーワードは、「集まることに意義がある」そして、「士君子」「立志篤行」。これにキラリと光る平成世代のスパイスを加えていくのは、私ではなく、そうあなたです。多くの士君子が集い、立志篤行できる場を提供できる様、一年間舵取り役を勤めさせていただきます。

 「1」の年は、始まりの年。楽しくやっていきましょう!

                     平成23年3月5日

              第31代青年江原会会長 片岡恵一郎 



トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://seinenkougen.com/blogengine/mt-tb.cgi/86

コメントする