本文へジャンプ 管理者 青年江原会事務局
             

 

江原太鼓保存会規約 江原太鼓保存会規約の前文

 江原太鼓保存会規約
第一章 総則
 (名称)
  第1条 本会は江原太鼓保存会とする。

第二章 目的呼び事業
 (目的)
  第2条 本会は江原太鼓の演奏活動を通じ、運営活動を行う事により、熊本高校同窓生の結束をより強固なものとし、同窓会共通の伝承を末永く行う事を目的とする。又、本会を通じ郷土文化の発展に寄与する事を目的とする。
 (事業)
  第3条 本会は、前条の目的を発展する為、次の事業活動を行う。
    (1) 江原太鼓の運営ならびに演奏とその指導
    (2) 楽器等設備充実のための援助活動
    (3) 各種、事業への演奏活動
      @ 藤崎宮秋季例大祭
      A 同窓会事業
      B 熊本高校事業
      C その他必要と認められた事業

第三章 会員
 (資格)
  第4条 本会の目的に賛同する青年江原会員及び青年江原会卒業生総て資格を有する。
 (役員)
  第5条 本会に次の役員を置く。
    (1) 会長
    (2) 世話人
    (3) 会計
 (役員の選任)
  第6条 役員は次の通り選出する。
    (1) 会長は青年江原会会長とする。
    (2) 世話人は会長より任命されたものとし、代表世話人を置く事が出来る。
    (3)会計は青年江原会に準ずる。
 (役員任期)
  第7条 役員の任期は青年江原会に準ずるものとするが、世話人に関してはその再任を妨げない。

第四章 運営
 (運営主催)
  第8条 運営に当たっては、青年江原会に委ねられるものとし、会長がこの運営責任者となる。
 (演奏及び指導)
  第9条 演奏の指導並びに、演奏者は、藤崎宮例大祭の楽隊長より推薦し、江原太鼓保存会長が承認したものとする。
 (演奏設営)
  第10条 演奏活動に際する運搬並びに設営作業は、江原太鼓演奏者、運営者、青年江原会、藤崎宮例大祭の担当学年が協力の下に行うものとする。

第五章 名誉会員及び顧問
 (名誉会員及び顧問)
  第11条 本会には名誉会員及び顧問を置く事が出来る。
    (1) 名誉会員及び顧問は、会長並びに世話人により推薦決定され会長が委嘱する。

第六章 会計
 (会費の支弁)
  第12条 本会の経費は、寄付金その他の収入を以って当てる。
 (会計)
  第13条 本会の会計は、江原太鼓基金として管理し、青年江原会に報告するものとし、承認を受けるものとする。
 (会計年度)
  第14条 本会の会計年度は、青年江原会に準ずるものとする。







前へ ホーム
本ページ掲載著作物の、著作権、肖像権は全て青年江原会、及び会員個人に帰属します。
これらの無断での転載、転用を禁止します。なお、トップページのみリンクフリーです。

青年江原会
Copyright (C) SeinenKogenkai 2003. All rights reserved