2010年5月20日

田植えの参加者募集 



お米ができるまでの行程や田植えの方法を教えていただいた後、自分たちで田んぼに入り、「げんこつ米」の苗を、手植えします。

お友達やお子様連れでもご参加下さい。

taue.jpg


参加申し込みはこちらからどうぞ!

(6/10までにお申し込み頂くと幸いです。)


参加資格=江原会関連の方

実施日=平成22年6月20日(日)

集合時間 =AM 9 : 45 (北古閑児童公園、別記事の地図参照)

(駐車場が確保できたら、こちらに掲載しますので、事前にチェックをお願いいたします)

参加費=大人 1,500円

    小学生 700円

場 所 =菊池市七城町近郊



○プログラム(予定)


   9:45  駐車場に集合→移動

 10:00  先生による、田植え講習

 10:15〜12:00  田植え

 12:30〜 昼食(鴨川河畔公園, 遊具などもあり)

   昨年収穫されたお米を使ったおにぎりと鉢盛、お茶をご用意します。


 14:00頃解散 → 温泉につかってお帰り下さい。


【備 考】

・基本的に現地集合、現地解散といたします。

・持ってくるもの=着替え(数枚)、タオル(数枚)、帽子、汚れても良い履物など。

 泥で汚れることが予想されますので着替えは必ずお持ち下さい。

・昼食は、現地近くの「鴨川河畔公園」を予定していますが、天候により変更の可能性があります。

・参加者には、「七城温泉ドーム」の温泉チケットをプレゼントします。


ゲンコツ米企画 始動!

熊中・熊高創立110周年特別企画「ゲンコツ米」が始動します。
この企画は、青年江原会と記念品物販部会のコラボ企画として、実行されます。

今回の企画幹事の平5会の趣意をお示しておきます。

「ゲンコツ米企画 趣意」

今年、わが母校・熊本高校は創立110周年を迎えます。

さまざまな記念行事や記念品が企画されていますが、記念品の一つとして「ゲンコツ米」が企画されました。


この「ゲンコツ米」の取り組みは、人の手で作られたものに単に熊高らしいネームタグを付けるだけではなく、熊高OBが自らの手で作り、出来上がったものをみんなで食しながら、110周年をお祝いすることに意義があると考えます。


そのような志を受け、青年江原会と110周年記念品・物販部会が協力し、この取り組みを実現していくことになっています。

しかし、米作りは年間を通じて、さまざまな労力と手間を積み重ねなければならない作業です。


そのなかで、どのように協力していくのか?

今回幹事を務めさせていただきます平5会では、レクリエーション感覚で米作りを体験してはどうかと考えました。


レクリエーション感覚と言ってしまっては、農家の方々には失礼にあたるかも知れませんが、水の張られた田んぼに入ることはまずありませんし、大人にも子どもたちにとっても、新鮮な体験ではないかと思います。       

また、子どもたちが、この体験を通じて「食べ物の尊さと感謝の気持ち」を感じてくれれば、「食育」や「情操教育」の観点からも非常に有益であると考えます。

さらに、田植えから稲刈りまでの米作りの行程を同窓会みんなで共有できる様、このブログを通してできる限りレポートして行きたいと思います。


田植えや稲刈りなど、数回に渡るレクリエーションになってしまいますが、企画趣旨をご理解の上、ご家族お揃いで(もちろんお一人でも)ぜひご参加ください。

参加資格は江原会に関係する方であれば、どなたでもOKです。


秋に収穫したお米は、記念品として販売するとともに、大同窓会の際にふるまいたいと考えております。是非同窓生自らの手のかかったお米で、110周年をお祝いしましょう。


青年江原会レクリエーション幹事 平5会